ビジネスブログ

キャリア相談を受けてきた人にキャリア相談をされた話

投稿日:2019年5月30日 更新日:

久しぶりの投稿です。

最近はビジネス系の記事から遠のいて、技術の習得だ!!技術しかねえ!!技術で世界を変えるんだ!!!と意気込んでいたのですが、そんなモードも呆気なく終了。

これからもぼちぼち更新します〜。

キャリア相談を人に勧めた

最近「自分で何をしたいのかよく分からない」といった内容の相談をよく人から受けます。
主にエンジニアの仕事に対することだったり、転職で躓いていることだったりなのですが。

ただ、相談を受けたところで「そんな意識が高いことは自分には向いていない..」「自分とは違う世界過ぎるから無理..」といった、答えを求めているようで求めていない姿勢の人が多かったです。
そういう人にはあまり興味がないので、深くは突っ込みません。

そんな中でも真面目に悩んでいる人がいたので、1回プロに話聞いた方がいいんじゃない?と今流行りのキャリア相談を勧めました。

キャリア相談とは、転職活動以前に以下の様な内容を、カジュアルな感じで話せる場のことです。(今回はエンジニア向けです)

自分のやりたいことは?
何が向いているのか?
どんな職種があるのか?

結構エンジニアって職種を理解するのにも大変ですから、こういうのあると便利ですよね。

結局キャリア相談を受てきた人からキャリア相談を受けることに

キャリア相談を勧めた人に感想を聞いてみると、満足はしながらも以下の様な疑念点があったとのことでした。

楽しいことを仕事にしろと言うけれど、自分はベットでゴロゴロする事が1番好き

まあ言いたいことは分からなくも無いですが….

そもそもベットでゴロゴロする事の具体的に何が楽しいか考えてみると面白いと思います。

寝ている時?ぼーっとしている時?寝ながらスマホを触っている時?
→ それってベットで行わなくても楽しいと感じる?
→ 一人でいる時?SNSで人と繋がっている時?
→ 同じ様な快感を得る機会って他にもある?

こんな風に掘り下げていくと自分がどんな人間か少しずつ分かってきます。
私も「ゲームが好き」から以下の様に掘り下げたことがあります。

ゲームが好き
→ 1人でするゲームはやらない
→ ボイチャしている時が楽しい
→ 成果を分かち合う瞬間が楽しい

こんな些細なことでも自分のやりたいことって出てくると私は思います。

なんか結果的に相談に乗った形になってしまいましたが…

最後に

少し前、若手向けの勉強会に登壇した時も、こんな事を言われました。

僕にもちゃんとしたやりたい事があると良いのですが..

「ちゃんとしたやりたい事」っていうのは、意識高い感じの目標のことを指すんだと思います。

結論から言うと、そんなもの持ってません。

私は販売員時代の「お客さんが勧めた服買ってくれた!!嬉しい!!」の気持ちから今の会社にいますし。

結局は上でずっと述べた様に自分について知ることが重要なんだと思います。
まずは自分が快感を感じることから分析してみるのもいいかもしれません。

-ビジネスブログ
-,

執筆者:

トップ